1. Home > 
  2. 私たちの想い > 
  3. 30年間選ばれ続ける理由 > 
  4. 理由1:

私たちの想い

理由1:30年間、数百万個のジュエリーを見続けてきた眼力

ジュエリーとお客様が磨いてくれた、眼力という大切な商売道具。

株式会社 千宝堂 代表取締役 古谷 千十朗

[ダイジェストビデオ]
上の映像にカーソルを重ねるとコントロールバーの出し入れができます。

失敗の経験が自身を成長させる糧に。

img

ジュエリーの価値を判断する眼力は、いかに経験を積んだかが重要となります。私の若い頃は大きな失敗をしてきました。例えば、色石(いろいし)であるルビーやサファイアを適切でない照明の下で見たがために、とんでもない損失を出してしまったこともあります。他にも様々なミスを重ね、同じ轍を踏まないよう学んできた部分が大きい。本当に、今になって思い返しても冷や汗が出るような経験をたくさん積みました。だからこそ、現在の自分がいるのだということも、強く認識しています。若いうちの苦労は買ってでもしろ、とはよく聞きますが、失敗もそうですね。もちろん、致命傷にならない範囲ではありますが。

お客様から頂き続けた要望もまた、千宝堂の財産。

img

今までの話とは逆に、お客様の眼力に育てていただいた部分も、千宝堂の大きな支えとなっています。我々が営むような専門店を訪れるお客様は、若い頃からジュエリーが心底大好きという方が多くいらっしゃいます。このようなお客様はファッションジュエリーから始まり、歳月を重ねると共に本格的なものを求め、一流店に足を運び、最高のジュエリーを追求してきたという方々です。縁あって当店を訪れてくださったそういうお客様は、やはり知識も豊富、デザイン感性も豊かですから、ご依頼、ご注文いただくジュエリーは、かなりの厳しい要求が伴います。

話をしていくと「眼が肥えているのは当たり前。だって今までたくさんの月謝を払っているんだから」と微笑みます。若い時分に失敗の買い物も多く経験してきたのでしょう。だからこそ、品質から価格面に至るまで、本当に素晴らしく勉強なさっているのが、こちらにも伝わってくるのです。要求を頂戴する内容は、一流ブランド以上のクォリティー、価格は量販店並のコストパフォーマンスというものですから、店側としては本当に厳しいですよね。

ですが、千宝堂は極力断らず、100%のご満足をいただけるよう全力で応えます。それができなければ、ジュエリー専門店としてお客様に対して信用を積み重ねることが出来ません。時間と労力を考えたら、とても採算が合わないものもありますが、それが後の信用、クチコミに繋がる評価情報となり、無形の財産になっています。高い要求に応え続けてきたことで、自らの成長にも繋がりました。千宝堂は眼力のある良いお客様に恵まれています。だからこそ、四半世紀を経て、ここまで成長できたという実感があり、お客様に育てて戴いたという感謝の念は、強いものがあります。

何気ない会話に、お客様のご満足へ繋がる最大のヒントが。

img

お客様と接する時間もまた、私どもの眼力を要するタイミングです。これはもちろん、お客様を値踏みするというわけではありません。接客中のさりげない会話をヒントに、お求めになるジュエリーと併せ、こういったものがこのお客様には最適と判断する。その意味での眼力とでも言いましょうか。決して高いジュエリーを売りつけるという姿勢ではなく、各お客様のシーンにマッチングするものを、プロとして最善を尽くして選びたい。その一心に尽きます。

例えばですが、習い事をしている主婦の方であれば、発表会やパーティーに出かけるシーンを想定し、華やかさのあるものを。また、スポーツやアウトドア好きのお客様が、ちょっとしたワンポイントでアクセントにしたいというなら「そんなフォーマルなものは選ばない方がいいですよ」と、カジュアルで丈夫なもの、それでいてお洒落感のあるものをお勧めするように心がけています。 私どもは、一見雑談ともとれる何気ない会話からお客様の価値観やライフスタイルなどの情報を入手し、お客様と共に最善のジュエリー選びを行ないたいと思います。そしてお求め戴いたものが生涯飽きの来ないジュエリーでありますようにと常に考えております。

ジュエリーコラム

鑑定機関を鵜呑みにできないジュエリー業界の現状

img

眼力という言葉と連動する、鑑定書についての話をしましょう。ジュエリーの品質を保証する鑑定機関は、法的な決まり事に基づいたものではありません。鑑定士が2人いれば、実は、鑑定機関を名乗れてしまうのです。あってはならないことですが、各判断箇所となるランクの境目において、自分たちの損得に則って、甘く見るか、辛くジャッジするかなどの不正まがいの現状が実在します。過去には大きな鑑定機関の一つが全ての鑑定書のランクをかさ上げしていたとの不祥事が表面化したのを覚えている方もいるのではないでしょうか。ジュエリー業界全体にダーティーなイメージが付くため、本当に憤りを覚えるし、同時にさみしさを感じる出来事でした。ですから「持っている宝石は鑑定書が付いている安心」とは言い切れない。信用の高い鑑定機関でなければ意味がないのです。そうなると、最終的には、信用度の高い店でお求めになるのが一番ということになります。中には自分の店で鑑定機関を擁しているところもありますから、こうなるともう何をか言わんや、です。全く利害関係のない第三者のしっかりした鑑定機関にお願いして厳しい評価を得る仕組みでなければ意味がない。当然、日本の一流店をメインに扱っている信用のおける鑑定機関、中央宝石研究所.AGTなどの鑑定書を中心に扱っていますから、どうぞご安心ください。